楽しく学ぶ毛髪の医学 植毛・自毛植毛サイト
Dr.大浦の毛髪の医学
毛髪・頭髪コラム
毛髪の医学
育毛・発毛について
自毛植毛について
〜毛髪で人気が左右される政治家〜

 あっ、あの国の首相がいつの間にか髪がふさふさし若返った。あの大臣は選挙前に植毛手術をうけて見事、当選したなどという噂は多い。
また禿た頭で知られている人がある日、帽子をかぶって歩いていたら弟さんですかと聞かれてしまった等という毛髪、特に禿に関するエピソードにはことかかない。

 確かに禿げるとその人の年齢よりも年をとってみられるので損をすることが多い。これを常に肌で感じているのが政治家であり、会社のCEOである。この人達はビジネスにおいて最初に会ったときの印象が非常に大きいという。勿論、髪型を変える、染めるなどで一時的に若くみせる方法もあるが、禿げてしまっている場合これらの方法にも限りがある。最も安心できて自然なのが自毛植毛なのである。

  自毛植毛の有利なことについては追々説明するが、今回は何故、頭髪が抜けて男性型脱毛症となるのかを説明したい。男性型脱毛症というのは前頭部がM状に禿げ、頭頂部が中心部から外側に拡がって禿げてくる加齢による禿げのことを言う。男性のみでなく、年配の女性にもおこる。これに遺伝が関与していることは多くのデータで、はっきりしている。

  たとえば30歳の年代で比較してみると両親の係累が禿げている場合、その子供の90%の人は多かれ少なかれ抜け毛が多くなり、両親の系累に禿げた人がいないと35%の人にしか禿げがおきないその差は大きい。

  従って禿げは病気ではないが、意外なところで、子供を悩ませていることとなる。実は既に毛髪に関する遺伝子は分かっているが、残念ながら禿げの原因となる遺伝子はまだ見つかっていない。しかし現在は砂漠に森を作る時代である。最新の遺伝子治療で禿げを克服しフサフサの頭髪をよみがえらす時代も間近である。

Copyright (C) 2005 T.Oura M.D. All Rights Reserved.