楽しく学ぶ毛髪の医学 植毛・自毛植毛サイト
Dr.大浦の毛髪の医学
毛髪・頭髪コラム
毛髪の医学
育毛・発毛について
自毛植毛について
〜白髪三千丈て何?〜

 盛唐の有名な詩人 李白は
「わが白髪は何と三千丈、愁いのためにこの様に長くなってしまった」
と初句をうたい、その後に切実な胸中の思いが続くのだが、その後、大げさを表す表現として「白髪三千丈」だけが一人歩きしている。 若い人は分からないだろうが丈とは尺の10倍、三千丈というと9.09kmの長い白髪ということで現実にはあり得ない。では実際に人間の頭髪はどのくらい成長するのであろうか?教科書には髪の毛の伸びは1日に0.37-0.44mmで1ヶ月で1cm伸びるとある。これは毛の種類、年齢、身体の状況などによって変化する。

 頭髪はもとよりすべての毛は毛周期という毛の成長の法則に縛られており、一旦成長した毛は必ず脱毛する宿命をもっている。従って一日50〜100本位の抜け毛は生理的といえる。
  現在判明している頭髪の一生はその人の状況、身体の状況、ストレスや毛の種類、部位によって異なるが一般に2〜7年といわれ、ここで一旦脱毛し、次いで新しい毛に生え変わるのである。従ってもし最長7年生え続けると84?僉⊂?し変化に対する余裕をみても1mぐらいしか伸びない。

 40年程前に野生の狼に育てられた狼少年がインドの山奥で見つかったが、その時の髪の毛はそれ程長くなかったという。確かに通常でも1年も放置された髪の毛の先端は電子顕微鏡でみるとものすごく荒れた状態になっており引っ張ると簡単にちぎれてしまう。古い毛を生え変わらせるリズムは身体の神秘としか言いようはない。ところで自毛植毛の場合、移植された毛が白髪であっても黒い毛と同じように生着し、伸びるのである。

Copyright (C) 2005 T.Oura M.D. All Rights Reserved.