楽しく学ぶ毛髪の医学 植毛・自毛植毛サイト
Dr.大浦の毛髪の医学
毛髪・頭髪コラム
毛髪の医学
育毛・発毛について
自毛植毛について
■男性型脱毛症における男性ホルモンの関与

男性型脱毛症は、前頭部および頭頂部の毛が軟毛化することによって起こるが、この軟毛化には毛包細胞の男性ホルモン受容体と5α−リダクターゼという酵素が関わっている。

テストステロンと男性型脱毛症
男性ホルモンの一つであるテストステロンは、男性特有の毛髪の変化に深く関わっていることが以前から知られていた。去勢者において軟毛化が進行しないこと、また、去勢者にテストステロンを注射するといったん停止した軟毛化が再び進行することも良く知られている。

軟毛化のメカニズム
テストステロンは、前頭部や頭頂部の毛包においてII型の5α−リダクターゼによって、5α−ダイハイドロテストステロン(DHT)に変化する。このDHTが毛母細胞の男性ホルモン受容体と結合することで、毛母細胞での細胞分裂を阻害し軟毛化が生じると考えられている。II型の5α−リダクターゼは男性特有の変化が生じる毛包に存在するが、髭や胸毛では硬毛化を促進させる一方で、頭部では逆の作用を示すのは興味深い。

禿げる人と禿げない人の違い
では、男性型脱毛症が発現する人としない人がいるのはどうしてか。これは毛母細胞における男性ホルモン感受性の違いと考えられている。5α−ダイハイドロテストステロンが存在し、なおかつそれが男性ホルモン受容体と結合してはじめて毛髪の産生を阻害するのである。

Copyright (C) 2005 T.Oura M.D. All Rights Reserved.