楽しく学ぶ毛髪の医学 植毛・自毛植毛サイト
Dr.大浦の毛髪の医学
毛髪・頭髪コラム
毛髪の医学
育毛・発毛について
自毛植毛について
■育毛剤の成分について

育毛剤の成分には様々なものが存在するが、多くは男性型脱毛症の根本原因の改善には結びつかず、効果は限定的である。

1、栄養剤
各種ビタミン類、毛髪の原料となるアミノ酸などを配合した製品が存在している。CMなどを見るとグングン栄養が吸収されているように思われるかもしれませんが、頭皮の上からの吸収は実際には僅かです。

2、血行促進剤
ビタミンEやその誘導体、塩化カルプロニウム、セインブリエキス、各種植物エキスなどが血行促進を目的として配合されている。

3殺菌剤・消炎剤
ヒノキチオール、イソプロピルフェノールなど殺菌効果、グリチルレチン酸 などの消炎効果により、頭皮での細菌の活動を抑え、フケの発生や炎症などを抑える。

4、毛母細胞の活性
ペンタデカン酸グリセド、ビタミンB群、植物エキスなどで、毛母細胞の活性が期待される成分を配合しているものも多い。

Copyright (C) 2005 T.Oura M.D. All Rights Reserved.