楽しく学ぶ毛髪の医学 植毛・自毛植毛サイト
Dr.大浦の毛髪の医学
毛髪・頭髪コラム
毛髪の医学
育毛・発毛について
自毛植毛について
■プロペシア−フィナステライドとは?

プロペシアとは、米国の大手製薬会社メルク社により開発された内服薬の名称であり、成分は主成分は5α−リダクターゼ阻害剤のフィナステライドである。1997年に米国食品医薬局FDAの承認を受けている。

II型の5α−リダクターゼは男性ホルモンであるテストステロンに作用して5α−ダイハイドロテストステロンに変化させる酵素であり、分かり易く言えばテストステロンの作用を強めるといったところである。
この作用は男性型脱毛症の他に前立腺肥大症などの男性特有の症状に関わっており、プロペシアも元々は前立腺肥大症の薬として販売されていたものである。




プロペシアの効果
上図のように服用を止めると効果が消えるが、再服用すると効果が戻ってくる。最近の研究では、80%程度の人に毛髪量の増加が確認されたという報告もある。

プロペシアの副作用
副作用としては、2%程度に性欲の減退が見られるとの報告があるが、プラセボとの有意差は確認されていない。飲んではいけないのは、内服でアレルギーを起こした人、妊娠の可能性のある女性である。特に男児を妊娠中のああ意、胎児の生殖器に異常をきたす可能性がある。

Copyright (C) 2005 T.Oura M.D. All Rights Reserved.