楽しく学ぶ毛髪の医学 植毛・自毛植毛サイト
Dr.大浦の毛髪の医学
毛髪・頭髪コラム
毛髪の医学
育毛・発毛について
自毛植毛について
■自毛植毛の原理

自毛植毛の原理は単純明快である。前頭部・頭頂部の毛包では男性ホルモンが?況燭裡畿繊櫂螢瀬?ターゼにより5α−ダイハイドロテストステロンに変化し、男性ホルモン受容体と結合し毛包での頭髪の産生を阻害し、軟毛化させる。
一方、後頭部や側頭部の毛包にはII型−リダクターゼが存在せず、男性ホルモンの影響で軟毛化する心配はない。

この違いを利用して、後頭部の頭皮の一部を毛包を残して切り取り、頭頂部や前頭部に均一に移植することで、薄くなった部分を目立たなくさせるのである。移植した毛包の性質には変化が無い為、男性ホルモンによって再度軟毛化が起こることは無い。

移植した頭皮の殆どは自然と組織が結合し、毛包は移植先でこれまでと同様に機能するようになる。移植するまでに時間がかかると生着率が落ちてしまうことがあり、手術時間の短縮が成功の鍵を握っている。

術後、一度移植した部分の毛は抜け落ちるが、その後自然と新しい毛が再生される。ここまでくればもう安心。もともと自分の髪であるから、年齢を重ねても周囲の毛に合わせて自然と白髪へ移行するようになる。

Copyright (C) 2005 T.Oura M.D. All Rights Reserved.
自毛植毛